TEARS


スポンサー広告

スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

ひとみ系創作」
並木道シリーズ

並木道

2006.08.25  *Edit 

秋の気配。
そんなものが忍び寄ってくると、お前の事を思い出す。
街路樹にイチョウが植えられたこの道を、黄色いじゅうたんみたいだと言って、舞い散るイチョウの葉を浴びながら走っていたマリナ。
この黄色く染まった道の先を眺めていると、今にもお前が息を切らせて走ってくるような気がする。
お前がオレの元に駆けてこなくなって、どのくらいの時が過ぎたかわからない。
果てしなく長いときのような、ほんの一瞬前の時のような、不確かな時間が過ぎた。

お前は今も、遠い空の下で、降り注ぐマロニエの葉を受けながら走っているだろうか。
にっこりと、顔中に笑顔を浮かべて、あいつの元に急いでいるのかもしれない。

オレは太陽のように明るいその笑顔を、曇らせてしまうことしか出来なかったね。
今は心からの笑顔で笑っていてくれるだろうか。

『愛してる。』

そんな言葉は、今はもう言えないけれど。

『お前を愛してる。』

この空がお前のいる場所と繋がっているのなら、どうかこの声を届けないでほしい。
お前の幸せを、願えるオレでいたいから。

いつか、この想いが過去になるときが来るんだろうか。

ごめんな。
しばらくはお前らの前には立てそうも無い。
オレは、思ったよりも強くなかったみたいだ。
だけど、今はただのつよがりだけど、いつか本当に強くなる。
きっと。
きっと強くなって、お前らの前にこの足で立つから。

だから、覚悟しろよな。
幸せじゃなかったら、許さないぜ。



※あとがき※
この並木道は山下公園前の通りをイメージして書きました。
マリンタワー前のあの通り、秋には銀杏並木がすごく綺麗なのです。
銀杏の落ち葉が舞って、まさに黄色いじゅうたんが敷いてあるようです。
お近くでしたら、思い浮かべつつ読んでくださいね。

スポンサーサイト


*Edit TB(-) | CO(5)

~ Comment ~

 

か、か、か、か、和矢ぁ~~~っ(泣)

なんと美しく悲しい並木道でしょうか。
秋の寂しさが身に沁みます。
まだ夏も終わってないのに・・・(汗・笑)

オレガキ君、シャルマリではほんっと不遇ですよね。
斜陽が似合いすぎて、心配なほどです。
ごめんね、私はシャルルを愛してるの~~っ(爆)

和矢ファンから始まったてぃあさんの和矢愛が伝わってきました。
和矢に人並みの幸せを・・・ううっ。


舞台は山下公園のイメージなのですね。
イチョウ並木、私も大好きですv
去年は神宮外苑のイチョウ祭に行きました。
一面の黄色い並木道・・・・・・キレイですよねえ~~~はあウットリ。

切なくて素敵な秋のお話、ありがとうございました!

 

てぃあさん、こんばんは♪

イキナリお邪魔いたします~。

和矢が!和矢がぁ~~!!
うっ、うっ、うっ、切ないです、胸が痛いです。
イチョウ並木を見るたびに、マリナのことを思い出すのでしょうか。
どうか、彼にも幸せがいっぱい訪れますように。

 

>135さん。
リアルタイムで読んでくださったんですね。
コメントの早さに驚いてしまいました。

シャルマリを追求すると、どうしても和矢との別れありきになってしまいます。
もともと和矢ファンの私としてはそれも悲しいのですが、和矢はしなやかな強さを秘めている人なので、どうしてもこういう展開に・・・。
ごめんね、和矢(汗)。
シャルルはほっとくと自堕落になってしまうのよ~(泣)


>ことりさん
こんにちは♪
来てくださったんですね。とっても嬉しいデス。

ブログ開設後初のお話はこんな切なめなお話になってしまいました。
美女丸話は以前[forum]でUPさせていただいていたものなので。
和矢。
いつも辛い役どころです。
でも、しなやかな強さを持って、立ち上がってほしいと思います。
和矢に幸あれ。

またいつでもお立ち寄りくださいませv
お待ちしておりますv

 

こんばんは、てぃあ様。
いつもforumでてぃあ様の作品は拝見しておりました。(ほとんど読み逃げだったかも…)
ゆきと申します。
ブログ開設されたとのことで、あいさつに参りました。
おめでとうございます!

原作のシャルルのようにマリナを失って傷ついていても、人生に対する姿勢が和矢はシャルルと違うんだなぁ…シャルマリファンの私が見逃しがちな和矢の個性が感じられて興味深くも切なく読ませていただきました。

和矢とシャルル、2人ともとても強い人間だとは思うのですが、確かに和矢は傷ついてもきちんと自分を立て直していくしなやかさを持っている人ですし、一方シャルルにはそれがないですよね…。

いつも自分を磨耗させようと、消滅させてしまいたいと思いながら生きていっちゃう。

まぁでも、どんなにアルコールに溺れようが荒れてようが、それでも普通の人よりずっと仕事ができるところがシャルルなんですけどね!

モザンビークでの経験も生かして世界を少しでもよくしようという行動をしていく人だと勝手に思ってます。

でも、やっぱりマリナがそばにいなくっちゃ、なんですよね。私の中では。

うーん、ご挨拶と感想を書くだけのつもりだったのに長々と話してしまいました。すみません!

また次の作品楽しみにしてますね!

 

>ゆき様。
こんにちは♪
お越しいただき、ありがとうございます~!

[forum]のお話も読んでくださったんですね!
とってもうれしいです。

そしてこちらのお話のカンソウも、ありがとうございます。

シャルルはどんなに荒れていたって、冷たくったって、素敵なのですよね。
いつだって優雅で、美しい。
そんなシャルルだからこそ、私たちは惹かれてしまう・・・v-343
罪な人です(笑)

またいつでもお立ち寄りくださいませv
お待ちしております。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。